中古車査定

キズや凹み、大きなものはそのままで!

大きなキズや凹みは修理せずに査定に出してOK

 

 

コンパウンドなどを使って自分で補修できる範囲のキズは、

 

なるべくキレイにしてから見積もりに出しましょう。

 

 

 

小さなキズでしたらさほど大きく減点されることはありませんが、

 

減点の仕方は買取業者によって違ってきます。

 

中には、なるべく安く買取りたいがために、

 

コンパウンドやワックスなどで消える程度の小さなキズでも、

 

キズとしてみなされてしまうところもあります。

 

自分で直せる程度のキズで減点されてしまうのは悔しいですよね。

 

 

 

反対に、大きなキズや凹みで修理代が高く付いたりしてしまう場合は、

 

査定額が修理代を下回ってしまうことも多いもの。

 

あえて直さず、そのまま査定に出した方がメリットが大きいと言えます。

 

 

 

より高く愛車を買い取ってもらうために、査定会社のオススメランキングをチェック!