中古車査定

下取りと買取、どっちがおトク?

中古車を売るなら下取りor買取、どっちがおトク?!


 

 

車を手放す時、下取りに出そうか、それとも買取してもらうか、迷うものです。

 

下取りと買取はどこがどう違うのでしょうか?

 

 

下取りとは、新しく車を買うお店で今まで乗っていた車を引き取ってもらうこと。

 

下取りのメリットは、車を買うのも売るのもひとつの店舗でできることです。

 

あちこちに連絡をしたり手続きをしたりする必要がないので、手間が省けます。

 

下取りに出した分の金額で新しく買う車の代金が補填でき、

 

また値引きできない分は下取り額を増額してくれたりすることがあるのもポイントです。

 

 

 

しかし、下取りと買取を比較した場合、買取価格のほうが高くても、

 

それに合わせて下取り額をあげてくれるということはありません。

 

また、在庫として保管する期間の維持費を考えると、

 

高額で下取りしてもらえるということはまずないと言っていいでしょう。

 

 

 

メリットが大きいのは買取!

 

 

 

一方、買取は、中古車買取の専門業者に査定を依頼し、車を買取ってもらうこと。

 

複数の業者に査定を依頼して、査定額を比較することもできますし、

 

その結果を踏まえて交渉することもできるため、高値がつきやすいのもポイント。

 

今はネットで一括査定ができるサービスがあるため、手続きも簡単になっていますし、

 

24時間好きな時に査定申込みができます。

 

 

 

下取りと買取、どちらが高く売れるかといったら、

 

買取の方がメリットが大きいと言えるかもしれません。

 

中古車買取専門業者では、買い取った車を手早く市場に出して売却するため

 

回転が早く、人気の高い車種は特に高値で買い取ってくれることが多くあります。

 

ただ、人気の車や状態のよい車は高額査定が期待できる一方で、

 

人気のない車種などは下取りに出した方が高いこともままあります。

 

 

 

まずは、ディーラーの下取りで査定してもらい、

 

相場を知った上で一括査定を申し込むといいでしょう。

 

 

 

より高く愛車を買い取ってもらうために、査定会社のオススメランキングをチェック!